RECRUIT

林 幹子 林 幹子

林 幹子MIKIKO HAYASHI

MIRROR MIRROR

マネジャー

「 自主性を大切にする会社で自分自身を磨き、MIRROR MIRRORを愛する仲間を増やしたい」

「 自主性を大切にする会社で自分自身を磨き、MIRROR MIRRORを愛する仲間を増やしたい」

PROFILE
某ウェディング会社が運営するドレスショップで約8年間勤務。店長を勤め、多数の新店舗立ち上げにも携わる。2017年9月、MIRROR MIRROR横浜店のマネジャーとしてT&Gへ転職。現在はMIRROR MIRROR 表参道店マネジャー。

前職とは異なる理念に惹かれ、
新しい環境に飛び込みました

転職をした理由はふたつあります。ひとつは、前職ではドメスティックのドレスばかりを扱っていたので、インポートドレスに興味があったこと。ふたつめは、ずっと人を育成することに携わってきたのですが、自分も含めて、完璧なスタッフを見たことがなかったから。売り上げならば数字で100%が見えますが、顧客満足度の100%はなかなか見えづらいですよね。T&Gは顧客満足を大切に、お客様に寄り添う会社と聞いていましたので、自分の指導者としての力不足を別の視点から、一から学び直したいな、そう思いました。だからブライダル15年という仕事人生の節目に新しい環境に飛び込もうと決めました。

前職とは異なる理念に惹かれ、新しい環境に飛び込みました
「その人」の接客でいい。プラスαのあるドレスコーディネーターを増やしたい

「その人」の接客でいい。プラスαのある
ドレスコーディネーターを増やしたい

マネジャーとしての仕事は顧客システム管理や担当スタッフの振り分け、本社、会場、アトリエとの連携などがありますが、中でも重要なのはスタッフ育成です。MIRROR MIRRORをもっと多くのお客様に知っていただき、ファンを増やしたい。そのために、お客様から指名してもらえるスタッフを育てていきたいと思っています。お店としてのルールはあるけれど、伝え方や接客の仕方はそれぞれでいいと思うのです。その人らしい個性や魅力を引き出して、プラスαのあるドレスコーディネーターになってもらいたい。だから事務所では話しやすい環境作りを心がけ、時間の許す限り現場を見て、不安を察して、認めてあげる。そういうプロセスがスタッフの自信となり、ゆくゆくは個性になり、お客様をも幸せにして差し上げられるようになるのだと思っています。

自主性を大切にする会社で自分自身を磨き、
MIRROR MIRRORを愛する仲間を増やしたい

入社して驚いたことのひとつがT&G本社のサポート力。その中に「T&Gカレッジ」というオンライン研修があります。無料で、しかも勤務時間内に受講可能です。「人を育てる研修」「プロフェッショナルを学ぶ研修」など、毎月10本ほどのカリキュラムがあり、興味があるものに先着順で参加することができます。人を育てる環境作り、そして意欲ある人の自主性を大切にする機能が整っている会社なのです。私も研修制度を通してもっと魅力的な人物になり、「林さんのようなマネジャーになりたい」と思ってもらえるようになりたいと思っています。マネジャーという役割は苦労もありますが、ドレスコーディネーターとはまた違うやりがいや喜びのある仕事。今後はマネジャーを育て、そのマネジャーがまた人を育て…と、MIRROR MIRRORを愛する仲間を増やしていくことが目標です。

自主性を大切にする会社で自分自身を磨き、MIRROR MIRRORを愛する仲間を増やしたい

OTHER INTERVIEWその他インタビュー

ご予約